フリーランスのタスクとプロジェクトの違い

ネットビジネスをしている人の中には、フリーランスのライターをしている人もいるのではないでしょうか。最近はランサーズやクラウドワークスなど、様々なウェブサイトも存在しますよね。このようなウェブサイトを使ってフリーランスをすると、タスクとプロジェクトというものが出てくることに気づきます。これらは一体なんなのでしょうか。ここではタスクとプロジェクトについて紹介していきます。

◆タスクとは何か
タスクというのは、クライアントが「この記事を10枚募集します」などとライターを問わずに募集しているときに使われる表現です。例えば、車に関してウェブサイトを運営しているクライアントが車に関する記事を募集する際、特にどのライターにお願いするなどという事はなく、「車に関する記事が10枚欲しい」と感じた場合に利用するシステムです。この場合、先着10名しか申し込むことができません。ただし、承認率が95%などという条件を設けていたとしても質の悪い記事が集まってしまうこともあるため、クライアントにとっては注意が必要だとも言われています。

◆プロジェクトとは何か
プロジェクトというのはクライアントがライターを決め、特定のライターに記事をお願いするときに利用できるシステムです。フリーランスをしていると、特定のライターとクライアントの信頼関係が出来上がり、クライアントは「このライターに記事を執筆してほしい」と思うことがあります。その時、特定のライターに記事の執筆がお願いできます。タスクよりも単価が高くなりますが、そのかわり修正や編集をしなければならないこともあるため、必ずしもタスクより得とは言い切れないところもあります。

◆タスクとプロジェクトのどちらが得なのか
タスクとプロジェクトを見ていると、どちらが得なのかと悩む人もいるかもしれません。確かにプロジェクトの方が単価が高いため、タスクより得に見えますよね。しかし先程述べた通り、プロジェクトの場合は修正しなければならないこともありますし、きちんとした記事を書くために下調べをしなければならなくなり、時間がかかることもあります。そのため、プロジェクトが必ずしも得だとは言えません。タスクの方がプロジェクトよりも求められている水準が低いことも多く、時間をかけずに執筆が可能です。そのため、特に初心者ならばプロジェクトではなく、タスクを利用した方がより稼げると言えるでしょう。

◆安定した仕事ならタスクが良い
その一方で、安定した仕事が欲しいと思う人もいるかもしれません。というのは、タスクはどのような記事の募集がいつ行われるか分かりませんし、たとえ何かの良い仕事や面白い仕事があったとしても、他に取り組んでいる人がいれば自分が執筆できない可能性も高まります。そのため、自分の身に依頼されているプロジェクトの方がより安定した収入につながります。もしも安定した収入が欲しいと思うのであれば、タスクではなくプロジェクトの方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です